ビタミンC誘導体入り化粧水ランキング!ニキビに効くのは?

ビタミンC誘導体化粧水ランキング!!ニキビに効果有り

ビタミンC誘導体で目クマ解消

 

目の下の茶クマは紫外線や肌ダメージによって出来る色素沈着で肌にメラニン色素が残ってしまっている状態のことを言います。メラニン色素はシミの一種で普通に出来たシミと同じで美白化粧品でケアすることが効果的です。化粧品にも様々な美白成分が含まれていますが中でも有名なのはビタミンC誘導体とアルブチンです。

 

では目元の茶クマやシミ、そばかすにはどちらが効果的なのかと気になるものです。ビタミンCにはメラニン色素が生成されるために必要な酵素チロシナーゼの働きを抑えメラニン色素を生成を防ぐ働きがあり、すでにできたメラニン色素を薄くする還元作用もあります。

 

ただ、ビタミンCは空気に触れると壊れてしまい肌の角質層のバリアまで届かず浸透しない性質を持ちます。これを浸透させるために改良されたものがビタミンC誘導体です。アルブチンは別名ハイドロキノン誘導体とも呼ばれるものです。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど美白効果があるものですがその分刺激もあります。肌荒れや赤み、かゆみなど肌にダメージを与えるだけではなく肌が白く抜ける白斑など起こる可能でいがあります。

 

アルブチンにもa-アルブチンとB-アルブチン2種類ありB-アルブチンは昔から美白作用があるとして化粧品にも使用されていましたが最近ではa-アルブチンの方がB-アルブチンに比べ10倍以上も美白効果があることがわかります。

 

アルブチンに美白効果があるのはビタミンC誘導体と同様で酵素チロシナーゼの働きを抑えメラニン色素の生成を防ぐ働きがあります。ただメラニン色素を薄くする還元作用がないのですぐにできたシミに対して効果は得られません。

 

このように目の下の茶クマを消すならアルブチンよりビタミンC誘導体が効果的なことがわかります。ただアルブチンとビタミンC誘導体は一緒に使用すると効果が増すと言われています。そのため単体での使用より2つの成分が配合されている化粧品を使用することをおすすめします。

 

ビタミンC誘導体の理想的濃度

 

 

優れた美肌効果があることで注目されているビタミンC誘導体が多くの化粧品に配合されています。ビタミンCには様々な美肌効果があります。ビタミンCの効果は、ビタミンC誘導体の配合量が多かったり

 

濃度が濃い、高いと言った理由でより効果を得られるものではありません。ビタミンC誘導体が一つのスキンケア商品の中に配合されている量として適量となるのはどれくらいなのでしょうか。化粧品やスキンケア商品は医学部外品となり化粧品の成分表示のは濃度の記載まで義務付けられてはいません。

 

医療用では濃度の表示が義務付けられていて、だいたい5〜6%の濃度になります。これは診察に訪れた方の肌の状態をベースに処方されるビタミンC誘導体の量になります。これは医師の判断により濃い目でも支障がない範囲になります。

 

実際はこの濃度を超えて使用されていることもあります。それはエステティックサロンなどで、美肌や美白を強調するエステティックサロンではビタミンC誘導体の濃度7%もしくはそれ以上の濃度を使用していることがあります。

 

エステティックサロンでは事前に本人の脂質や肌質程度は確認し、過度な濃度のビタミンC誘導体を使用して効果が上がらないことが確認されているので単純に濃ければいいものではないことがわかります。

 

敏感肌の人は特に6〜7%でも刺激を受けることがあるので注意が必要です。市販の商品を購入する時は3〜6%の間であるものを目安として選ぶことをおすすめします。参考:ビタミンC誘導体の化粧水ランキング

 

顔の皮脂過剰分泌に効果的な有効成分

 

顔の皮脂分泌を抑える成分として有効なのはビタミンC誘導体とイソフラボンです。ビタミンC誘導体は元々赤いニキビ跡の色素沈着効果がありニキビ跡を防ぐのに効果的です。他にも皮脂の過剰な分泌を抑える効果があったりと様々な美肌効果が期待できます。

 

基本的にはニキビ跡ケアとして有効な効果がある成分になります。ダイズエキス由来であるイソフラボンは皮脂の分泌を正常化する効果があります。皮脂の分泌の量は男性ホルモンが関係していて男性ホルモンが多ければ多いほど皮脂の量も増えます。

 

イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促す効果があり皮脂の分泌を正常化する働きがあります。そのためニキビケアにはとても効果的な成分になり、美白効果も期待できる成分になります。ビタミンC誘導体もイソフラボンも高い効果があるので美容コスメにも多く使用されています。

 

ただ、これらの成分が含まれたコスメは値段的にも高くなってしまいます。ビタミンC誘導体が配合されているものだと2000円以下の安いものであればほとんど効果は感じられません。イソフラボンはサプリメントでも出ていますがニキビケアでは化粧水に含まれて出ています。

 

数で言うと多くはなく少ない方ですが洗顔で言うとノンエーという洗顔石鹸、化粧水ではアクネスラボという洗顔と化粧水に配合されています。アクネスラボは大人ニキビ向けで値段もちょっと高めなので特に効果が高いと言われるノンエーがおすすめです。

 

ニキビは皮脂の過剰な分泌液が原因ではなく肌の潤い不足が大きく関係しています。ですが肌の乾燥を防ぐケアを行うとともに過剰に分泌される皮脂を抑制させることも大切になります。そこで効果的な成分がビタミンCになります。

 

ビタミンCは皮脂バランスコントロールをしてくれるので過剰に分泌される皮脂を抑制します。他には天草に含まれているエキス、オウバクエキスなども皮脂のコントロールをする働きがあります。このような成分が含まれたニキビケア商品は沢山販売されているので毎日のニキビケアが大切になります。

 

目元のシワ抜群!ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体がシワに効果があるのはご存知ですか?ビタミンC誘導体ってそもそもなんだろう。ビタミンC誘導体がシワに効果的な理由は?気になるシワに効果的なビタミンC誘導体についてご紹介致します。紫外線を浴びたりストレスなどが原因で活性酸素が多く発生します。
肌細胞をさびつかせて弾力を奪って真皮層の肌再生機能を低下させます。

 

そうすることでシワを作る原因となり多くの方がシワに悩まされます。シワ対策となると活性酸素と戦える成分でスキンケアが大切です。活性酸素の害から肌細胞を守るには酸化現象に対抗する抗酸化が必要です。そのため活性酸素と戦うためには抗酸化成分を肌に取り入れるスキンケアが大切です。

 

抗酸化成分となるとどのようなものがいいのだろうと思う方も多いと思います。おすすめの抗酸化成分はビタミンC誘導体です。ビタミンCには沢山の美肌効果がありますがビタミンCをそのまま肌につけた状態だとうまく浸透せずに成分そのものの安定性も低くなります。

 

このようなビタミンCの欠点を改良したものがビタミンC誘導体になります。ビタミンC誘導体は浸透性を高めるだけではなく角質層の中に入ってからビタミンCに変化します。その状態が安定して長続きするのでビタミンCの抗酸化力を十分に生かすことができます。

 

そのため肌の抗酸化を考えるときはビタミンC誘導体が配合されているのかを真っ先に確認するといいでしょう。ビタミンC誘導体の配合はもちろん高濃度で配合されているものがおすすめです。ビタミンC誘導体以外にも抗酸化力が期待できる成分としてオウゴンエキスやアスタキサンチンなどがあります。